江原啓之と共に本当の幸せとは何かという真理を探究する。

スポンサードリンク

その2


与える人生こそ幸せな人生です。

これまでに見てきた法則を理解したら、あなたの周囲を霊的視点で見てみてください。
今までとは、他人に対する見方が変わっていることでしょう。

別々の肉体を持って、別個の人間として存在する人達も、みな霊的世界ではつながっている。
この世で別々の存在でいるからこそ、お互いぶつかり合い、傷付け合いながら、磨き合うことができているのです。

あなたが真の愛を理解して、本当の幸せと出会うまでに、どれだけ多くの人があなたを助けてくれることでしょうか?
あなたを愛するという直接的な形で愛を教えてくれる人もいるでしょう。
逆に、あなたを憎むという形で、愛の大切さを教えてくれる人とも出会うはず。
彼らはいわば「憎まれることの悲しみや苦しみを教えてくれる人」です。
そのひとは、負のカルマを背負ってまで、愛の素晴らしさを知るチャンスをあなたに与えてくれたのですから、決して憎み返してはいけません。

霊的真理を知って、愛と思いやりを周りの人達に与えてください。
「してもらったから、してあげる」
というギブアンドテイクの考えではなく、まずはあなたから行動することが大切です。

愛情が欲しければ、自分から率先して愛情を与えられる人に、幸せが欲しければ、幸せを与えられる人になることです。

もちろんそこに打算があってはいけません。

本物の愛と本物の奉仕の気持ちを与えられるようになったあなたは、本物の幸福に満たされるに違いありません。



     −江原啓之 スピリチュアルメッセージより引用−


【人気blogランキングへ】

美輪明宏とスピリチュアル              

その1


「幸せの法則」とは、「全ての法則が魂の幸せの為にある」という法則です。

これまで見てきた7つの法則は、個々に独立してではなく、相互に作用し合いながら働いています。
それらは、すべての魂が、いつか大霊、つまり神と一体となる為のものであり、私達が真の幸福を得るために働いているものでもあります。
これが「幸福の法則」です。

真の幸福とは、地位や名誉、財産といった物質的な成功を手に入れることではありません。
人生において、時には困難や悲しみにぶつかりながらも、それを乗り越え、愛を学び、みずからの魂の濁りを浄化させることが私達の真の幸せなのです。

8つの法則のうち、例えば「カルマの法則」は、私達はどんな間違いを犯しても、必ず挽回のチャンスを与えられ事を保証してくれています。
それはすなわち、私達の向上、つまり魂の幸せを約束してくれているということです。

また、あなたが真の幸せに出会うまでに、沢山の人達が、貴方に逢いを教え、魂の成長を手助けしてくれています。
あなたを愛するという直接的なかたち以外にも、あなたを憎むというかたちで、かえってあなたに愛の大切さを教えてくれる人もいます。

あなたもつねに、愛と思いやりを周りの人達に与えましょう。
打算的ではなく、幸せが欲しければ、誰よりも先に自分から幸せを与えられる人になることが大切です。



     −江原啓之 スピリチュアルメッセージより引用−


【人気blogランキングへ】

美輪明宏とスピリチュアル