江原啓之と共に本当の幸せとは何かという真理を探究する。

スポンサードリンク

その3


幸せな人とは宿命を受け入れ、運命を自由自在に操れる人です。

「宿命」を受け入れて「運命」を自由に操れる人が、幸せな人生を歩める人です。
「宿命」を受け入れられない人は、生まれる前に自分自身が選らんだカリキュラムを否定していることになります。

それは、生まれた意味を目標を見失っているということですから、とても不幸な事。
スピリチュアルワールドに戻ったときに、その宿命のもとで学びきれなかった自分を深く後悔してしまうでしょう。

もちろん、ただ「宿命」を受け入れさえすればいというわけでもありません。
その上で、いかに「運命」を操れるかが重要です。

人生には自由に作っていける「うっめい」の部分が沢山用意されているのに、実際はその自由に気づかずに生かしきれていない人がほとんどです。
占いなどに依存しすぎてしまう人も、自分の人生の自由をみずから狭めているようなものです。

「運命」に創意工夫を凝らしながら生きる人は、生まれ持った運気に惑わされる事なく、いつもいい運気を呼び込みながら生きていく事が出来ます。
いい運気を呼ぶのも、悪い運気を呼ぶのも自分次第。
それを理解し、実行しながら生きている人は、スピリチュアルな生き方の優秀者と言えるでしょう。



     −江原啓之 スピリチュアルメッセージより引用−


【人気blogランキングへ】

美輪明宏とスピリチュアル              

その2


運命とは、宿命の上にみずからの自由意志で作りあげていくものです。

人がそれぞれ生まれ持った「宿命」と、人生の中で作り出していく「運命」の関係は、ケーキのスポンジとデコレーションのようなものです。
スポンジは宿命、デコレーションは運命です。
美味しそうな、素敵なケーキに仕上げる為には、自分が持っているスポンジに合ったデコレーションを考える事が大切です。

しっとりときめの細かいスポンジなら、シフォンケーキのような、クリームを薄く塗っただけのシンプルなデコレーション。
パサパサしたスポンジなら、欠点をカバーする為に、こってりとクリームを塗るデコレーションというように。

他の人が持っているスポンジを羨んでも始まりません。
決まった宿命の中で、最高の人生を生きようと思ったら、自分の宿命を理解し、受け入れる事が第一歩。

早いうちに肚をくくり、自分のスポンジを最高のケーキに仕上げる事を目指し、その特徴を生かしてこそ、充実した人生を送る事が出来るのです。

一定の宿命のもとに生まれた貴方の人生には、無数の過ごし方があります。

どのような人生を歩むかは、すべて貴方次第なのです。



     −江原啓之 スピリチュアルメッセージより引用−


【人気blogランキングへ】

美輪明宏とスピリチュアル              
                

その1


「運命の法則」とは、「人生には運命と宿命があり、運命は自分自身で作っていくもの」という法則です。

貴方の運命は、決して1つに定められているものではありません。
「波長の法則」や「因果の法則」からも分かるように、人の人生の流れは、その人自信が作り出すものなのです。
これが「運命の法則」です。

今あなたに起きていることは、今までのあなた自身が作り出した現実であり、今後のあなたの人生を作り出していくのも、すべてあなたの自由意志です。
自由に人生を作り出していけることこそが、生まれてきた意味であり、生きることの喜びでもあります。
幸せになりたければ、波長を高く保ち、良いカルマをたくさん蒔くことです。
誰もが、自分の責任において、幸せな人生を作る自由を持っているのです。

一方で、人生には変えることのできない要素もあります。
生まれた時代や国、家庭などの環境、性別や容姿や体格などがそれです。
自由に作っていける「運命」に対し、これらは「宿命」です。
しかし霊的視点に立てば、「宿命」さえも、生まれる前に、あなた自身の魂や、あなたの類魂が決めた事なのです。

あなたがこの世で少しでも多くのことを学び、魂を浄化向上させるためには、魂の濁った部分を徹底的に磨ける環境が、人生の設定として必要だからです。



     −江原啓之 スピリチュアルメッセージより引用−


【人気blogランキングへ】

美輪明宏とスピリチュアル