江原啓之と共に本当の幸せとは何かという真理を探究する。

スポンサードリンク

プロフィール





ehara_spivoice.jpg


■ 江原 啓之(えはら ひろゆき)

スピリチュアル・カウンセラー
世界ヒーリング連盟会員




1964年12月22日生まれ。
東京都出身。
スピリチュアル・カウンセラー。
幼少の頃から数々の超常現象を経験。
滝行、修験道の修行を重ね、北澤八幡神社に奉職。

1989年、イギリス留学で学んだスピリチュアリズムも取り入れ、カウンセリングを開始。
2001年刊行の『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』が70万部を超えるベストセラーとなり、一躍人気作家となる。

その後、守護霊へのインタビューを記録した、『スピリチュアルメッセージ』シリーズや、
『江原啓之のスピリチュアル子育て』、『スピリチュアル幸運百科』、
『スピリチュアル夢百科』など立て続けに意欲作を発表。
著書の発行部数は700万部を超える。
最新の書き下ろし『スピリチュアル・ジャッジ』(三笠書房)では、心、恋愛、
仕事、病気など、人生に起こるさまざまな出来事において、どう進むべきか
迷ったときのジャッジ(決断)について説いている。
テレビ・ラジオ・雑誌連載・講演会等でも活躍し、その愛にあふれた暖かいメッセージは熱く支持されている。
また、2003年6月より東京を皮切りに2004年5月まで全国で開催された『江原啓之スピリチュアル・トーク』は「癒しのエンターテイメント」として大絶讃を受けた。
昨年度より美輪明宏氏の提言により「スピリチュアル・アーティスト」としての活動を開始、 2005年1月から3月まで全国各地で『江原啓之スピリチュアル・ヴォイス』公演を行い、5月には東京・渋谷公会堂で特別追加公演も開催した。
2006年4月より『江原啓之スピリチュアル・ヴォイス2006〜苦難の乗り越え方』が全国9都市で開催される。



■ 音楽 プロフィール



バリトン。18歳より音楽を学び、武蔵野音楽大学パルナソスエミネンス特修科、声楽専攻を修了。
菊池英美、吉池道子、ヴィットーリオ・テッラノーヴァの諸氏に師事。
2000年、武蔵野音楽大学特修科修了演奏会では、ヴェルディ、ロッシーニを中心としたプログラムで優秀な成績を修めた。
以後2001年には、「日本歌曲の夕べ」を開催。
2002年「La strada~イタリアへの道」をムジカーザで開催。
2004年5月には出版300万部突破を記念して、「江原啓之バリトンリサイタル」を王子ホールにて行い、イタリア歌曲、オペラ、日本の歌曲までを歌い絶讃を博した。
ヴェルディ、ロッシーニ等のベルカントオペラを得意とし、その他様々なコンサート・リサイタル等に出演し、いずれも高い評価を受けている。
また、2004年12月には、デビューアルバム『スピリチュアル ヴォイス』、2006年3月にはセカンドアルバム『スピリチュアル エナジー』をリリース。
ハイ・バリトンの輝きのある高音域を持ち、温かみある、豊かな声量には定評がある。
音楽の分野でも人々に憩いと癒しを感じてもらうべく活動中である。


                         江原啓之公式サイトより抜粋



【人気blogランキングへ】

美輪明宏とスピリチュアル